3.4.13

第9話 『 夜咄ディセイブ 』目を欺く話






夜咄ディセイブ
夜談欺哄

作詞:じん(自然の敵P)
作曲:じん(自然の敵P)
編曲:じん(自然の敵P)
唄:IA
翻譯:kyroslee


“嘘をつくのは得意なんだ”
我十分擅長說謊呢
“でも、本音は少し苦手でさ”
不過,不太會說真心話呀
“可笑しいね、いつだって”
真可笑呢,不論何時
“本当の咄が、一番嘘臭いんだよ”
真實的故事,說出來卻最像謊言呀

ビバップな浮遊感 夜が次第に乱反射して
bibappu na fuyuukan yo ro ga shidaini ran han shashi te
bepop(註1)的浮遊感 夜色隨之不規則地反射
ツービートで光って たまには愚痴っちゃって良いかな
tsūbīto de hikatte tama ni wa guchicchatte ii ka na
以two-beat(註2)散發光芒 偶爾發發牢騷也不要緊吧
ねえ、ちょっと話そうか 馬鹿な自傷症性なんだけど、
chotto hanaso u ka ba ga naji shioushoujounandakedo、
吶,來說說吧 這雖然是愚笨的自殘症,
もうなんか収まらない ネタ話だって体で一つどう?
mō nanka osamara nai neta banashi datte tei de hito tsudou?
卻總覺得已經不可收拾 就連八掛故事也總有個譜吧?

じゃあ、ちょっと喋ろうか。 僕の非凡でいて妙なとこ
chotto shabero u ka. Boku no hi bon de i te myō na toko
那麼,就稍為說說吧。 我那非凡的奇怪之處
平凡を装った 僕がずっと悩んでいる事
e ibo n o yosotta boku ga zutto nayan de iru koto
故作平凡 是一直以來令我苦惱的事
十年は経ちそうな ある日、『怪物』の声がして
jū nen wa tachisou na aru hi、 『kai butsu』 no koe ga shi te
如是者快要十年 某天我聽到「怪物」的聲音
心臓を飲み込んだ 『嘘をつき続けろ』ってさ
shin zou o nomikon da 『uso o tsukitsuzukero』 tte sa
吞噬了我的心臟 它「繼續說謊下去吧」那樣說了呢

それ以来、僕は嘘つきで 騙せない人や物も無くなって
sore irai、boku wa uso tsuki de damase nai hito ya mono mo na kuku natte
從那刻開始,我所不能騙到的人或物皆不存在
『怪物』に成り果てちゃってさ
『kai butsu』 ni narihatechatte sa
然後我淪落成「怪物」
・・・ああ、ごめんね 泣かないで! 全部法螺話だよ?
…aa、 gomen ne naka nai de! zenbu hora banashi da yo?
啊,對不起 別哭了呀 全部都只是在吹牛啦

オーマイダーティ! なんて醜態! 僕は誤摩化す
ōmaidāti! nante shū tai boku wa gomakasu
Oh My Dirty!何等醜態!我會掩飾過去的
なんて言ったってこの本心は不気味じゃない? 
nante ittatte kono hon shin wa fukimi ja nai?
即使那樣說這份真心不是很令人毛骨悚然嗎?
偽って そっぽ向いて 嘘を重ねて 
itsuwatte soppo mui te uso o kasane te
邊說謊邊別過頭去堆砌謊言
僕は今日もまた 徒然、嘲笑う
boku wa kyō mo mata tsurezure azawarau
我今天也又再百無聊賴地,嘲笑着

ビバップ、消えそうな 夜が嫌いそうな少女にも
bibappu、 kie sō na yo ro ga kirai sō nashioujonimo
bepop,不論是快將消失的 討厭夜晚的少女
ツービート、泣きそうな 嘘が嫌いな青少年にも
tsūbītonaki sō na uso ga kirai na seishiounennimo
two-beat,還是是快要哭出來 討厭謊言的少年
そう、もう同じ様に ちゃちな「理想」がインプットして
sō、 mō onnaji yō ni chachi na 「risō」 ga inputto shi te
對呀全都同樣也 被灌輸着無聊的「理想」
心臓を飲み込んだ それ以来気付いたんだ、僕らは
shin zou o nomikon da sore irai kizui ta n daboku ra wa
自從我的心臟被吞噬了 那刻開始我注意到了,我們 

単純に理想叶ったとして、
tan jiunnirisoukanattatoshite、
單純地試着去實現理想 
一人ぼっちじゃこの世は生きていけない 
hitori bocchi ja kono yo wa iki te ike nai
獨自一人的話是無法在這個世界活下去的
それも嘘? いやいや、本心だよ?
sore mo uso? iyaiya、 hon shin da yo?
那也是謊言?不是不是,那是真心話吧?
崩れそうな脳が『NO』で満ち満ちていく
kuzure sō na nō ga 『NO』 de michimichi te iku
快要崩潰的腦袋逐漸為「No」所充滿

オーマイダーティ! もっと聴いて! 
ōmaidāti motto kii te 
Oh My Dirty!請再聽下去呀! 
僕の心を 我が儘を この嘘を 本物を
boku no kokoro o wagamama o kono uso o hon mono o 
我的內心 我的任性我的謊言和真相
「寂しいよ」なんて言った 僕は変わらない
「sabishii yo」 nante itta boku wa kawara nai
「真寂寞呀」那樣說了的我 沒有改變 
ニヤけそうな程、常々呆れてる
niya keso u na hodo, tsunezune akireteru
就如快要冷笑出來那般,常常在發愣

オーマイダーティ! もう嫌いだ! ほら、聴かせてよ
ōmaidāti mō kirai da hora、kikase te yo
Oh My Dirty!已經夠了!來吧,告訴我知吧
呆れちゃう様な 僕なんてもう 救えない?
akirechau yō na boku nante mō sukue nai?
像是嚇呆了般的我 什麼的 已經 沒救了吧?
『問題ないぜ』なんて言って 君は変わらない
『mon da i nai ze』 nante itte kimi wa kawara nai
「沒問題啦」那樣說的你沒有改變
「ああ、ミスっちゃった」また 不気味な僕に、常々溺れていく
「aa、mi succhatta」mata fukimi na boku ni、tsunezune obore te iku
「啊,失敗了」又再常常逐漸沉溺於,這可怕的我之中


“あぁ、ちょっと喋り過ぎちゃったね”
啊,有點說得太多了吧
“まぁ、ただの『法螺話』だからさ”
嘛,反正只是「吹牛」啦
“それじゃあ今日はこの辺で”
那麼今天就到此為止
“次に合図が鳴った時は”
下次信號嗚響之時
“もっと不思議な咄をするよ”
讓我說出更不可思議的故事吧 

註2 : two-beat : 指四拍子小節中的兩拍強拍, 常為jazz的演繹手法

因為太長所以有分節
如有不妥請告知會撤下

0 意見:

張貼留言