1.9.12

第×話 『 エネの電脳紀行 』目を覚ます話






作曲:じん(自然の敵P)
作詞:じん(自然の敵P)
編曲:じん(自然の敵P)

翻譯:LIMitas(取自CicloO)


世界終了の折に逃げ切って終焉を見た
sekai shuuryou no ori ni nigekit te shuuen o mi ta
從世界終結的折縫中逃脫的我看見了終焉
そんなので私は「特例」なんだって
sonna no de watashi ha「tokurei」nan datte
那樣的我好像是特例什麼的
ホルマリンの香りが溢れかえる部屋で
horumarin no kaori ga afure kaeru heya de
在福馬林的香味快要溢出的房間裡

眠る様に心と身體が離されて
nemuru you ni kokoro to karada ga hanasa re te
身心沉睡一般地被分離
繋がった電脳心理 糸クズの様
tsunagat ta dennou shinri ito kuzu no you
連結的電腦心理 像線頭一樣

ディスプレイ端末からの 私は隨分派手で
disupurei tanmatsu kara no watashi ha zuibun hade de
來自展示終端的我十分引人注目
気が付いたらもう 完全に息を引き取っていた
ki ga tsui tara mou kanzen ni iki o hikitot te i ta
注意到的時候 呼吸早已完全停止了

あれでもない これでもない
are de mo nai kore demo nai
既不是那個 也不是這個
それでもない 指示電波が秒速で部屋に響く
soredemo nai shiji denpa ga byousoku de heya ni hibiku
也不是那個 指示電波以秒速在房間中迴響

「逃げ出したい」
「nigedashi tai」
「想要逃出去」
苦しみが 繋がらないドアを開けた
kurushimi ga tsunagaranai do a o ake ta
沒有與痛苦連接的房門打開了

さぁ、Eの波間漂う影 無機質な文字列の談笑
saa,E no namima tadayou kage mukishitsu na moji retsu no danshou
哎 在E的浪間飄蕩的影子 無機質文字列的談笑
蜘蛛の糸を縫うかの様に 駆ける炎を纏った狐
kumo no ito o nuu ka no you ni kakeru honoo o matot ta kitsune
像要將蛛絲縫合起來一樣的 聚集起火焰的狐狸

電子欲の旅は続く 蒼い羅針盤が指す先へ
denshi yoku no tabi ha tsuduku aoi rashinban ga sasu saki he
電子欲的旅行在繼續 朝著蒼藍色指南針指向的方向
息を止めて イキヲトメテ
iki o tome te ikiotomete
停止呼吸 停。止。呼。吸。
全てが噓を吐く真実なんて
subete ga uso o tsuku shinjitsu nante
一切都是說謊的真實什麼的
今日はうんざり もう眠ってしまおう
kyou ha unzari mou nemut te shimao u
今天已經厭倦了 還是睡覺吧

この世界の考えは 110度安定してて
kono sekai no kangae ha hyakujuu do antei shi te te
這個世界的想法 安定了110次
撚じ切った倫理観が流行なんだって
neji kit ta rinri kan ga ryuukou na n datte
徹底扭曲的理論在流行什麼的

お好みのチャンネルは 2つ目を推奨してる
o konomi no channeru ha futatsu tsu me o suishou shi teru
喜歡的頻道 推薦第二個

「Q.好きなモノはなんだい?」
「suki na mono ha nan dai ?」
「Q:喜歡的東西是什麼?」
「A.ずいぶん簡単なことだ、ヒトのフコウのアジだ。」
「zuibun kantan na koto da,hito no fukou no aji da.」
「A:喜歡十分簡單的東西 例如人類的不幸的味道」
「ゴミクズだね。」
「gomi kuzu da ne.」
「真是人渣啊」

それはそれで良いけれど
sore ha sore de yoi keredo
那個就暫且不提。
「何かおかしい!」だなんて
「nani ka okashii!」da nante
“有什麼很奇怪!”什麼的
発想が陳腐だよ?
hassou ga chinpu da yo?
想法還真是陳腐喲?
もう死んじゃえば良いのになぁ
mou shin jae ba yoi no ni naa
乾脆去死好了

それでもさ その中で浮遊した
soredemo sa sono naka de fuyuu shi ta
即便如此 也在那之中 浮游著
この感度は どうやらもう馴染みかけて
kono kando ha douyara mou najimi kake te
這種感覺 好像已經被馴染了

逃げ出したい 膨らみは 加速して
nigedashi tai fukurami ha kasoku shi te
想要逃出去 鼓脹的想法在加速

息を止める
iki o tomeru
停止呼吸

あぁ、トロイの夢詰み込まれた
aa,toroi no yume tsumi koma re ta
啊啊、微小的夢被逼入絕境
継ぎ接ぎだらけの木馬が言う
tsugihagi darake no mokuba ga iu
淨是補丁的木馬說
「意味は要らない、愉しくなれ」
「imi ha ira nai,tanoshiku nare」
「不需要意義 變得愉快吧」
惰性で溶け出す炎の壁
dasei de toke dasu honoo no kabe
快要被慣性溶解的火焰的牆壁

電子欲の旅は続く 蒼い羅針盤は今日もまた
denshi yoku no tabi ha tsuduku aoi rashinban ha kyou mo mata
電子欲的旅行在繼續 蒼藍色指南針今天也還是
誰を殺す? 君を殺す?
dare o korosu?kimi o korosu?
要殺掉誰? 要殺掉你?
くるくるくるくると廻ってさ
kurukuru kurukuru to mawat te sa
咕嚕咕嚕咕嚕咕嚕地回轉著

Eの空が 0と1を今日も平然と垂れ流して
E no sora ga zero to ichi o kyou mo heizento tarenagashi te
E的天空 0和1今天也冷靜的流逝
圧縮した逸る心 稲妻の鳥を追い越したら
asshuku shi ta hayaru kokoro inaduma no tori o oikoshi tara
壓縮了的焦躁的心臟 越過閃電下的鳥
電子欲の旅の終わり 蒼い羅針盤が指していた
denshi yoku no tabi no owari aoi rashinban ga sashi te i ta
電子欲的旅行的終結 蒼藍的指南針指示出
ディスプレイの向こう側で
disupurei no mukou gawa de
在展示台對面那一側
冴えない君だけが見ていた
sae nai kimi dake ga mi te i ta
只看見無精打采的你

もう世界はうんざり
mou sekai ha unzari
已經對世界厭煩了
目を覚ましちゃおう
me o samashi chao u
乾脆醒過來吧

なんていうか正直
nante iu ka shoujiki
老實說不知怎麼的
ちょっと笑えてさ
chotto warae te sa
稍微有些笑了出來



幹這首快到我想死XDDDDDDDDDDDDDDDDDD
為了聽羅馬拼音還把速度放慢ww也很好聽耶(幹

0 意見:

張貼留言