31.8.12

第3話 『 カゲロウデイズ 』目も眩む話







作詞:じん(自然の敵P)
作曲:じん(自然の敵P)
編曲:じん(自然の敵P)

翻譯:pumyau

8月15日の午後12時半くらいのこと
hachi gatsu juu-go nichi no gogo juu-ni jihan kurai no koto
這是8月15日下午12點半左右的事
天気が良い
tenki ga ii
天氣很棒
病気になりそうなほど眩しい日差しの中
byouki ni nari sou na hodo mabushii hizashi no naka
在彷彿會讓人生病般炫目的陽光中
することも無いから君と 駄弁っていた
suru koto mo nai kara kimi to da be ttei ta
因沒事可做便與你閒聊著

「でもまぁ夏は嫌いかな」猫を撫でながら
「demo maa natsu ha kirai ka na」neko o nade nagara
「不過啊我還滿討厭夏天的」邊撫摸貓咪
君はふてぶてしくつぶやいた
kimi ha futebuteshiku tsubuyai ta
你邊旁若無人的低語

あぁ、逃げ出した猫の後を追いかけて
aa,nigedashi ta neko no atooikake te
啊啊,追在逃跑的貓咪身後
飛び込んでしまったのは赤に変わった信号機
tobikon de shimat ta no ha aka ni kawat ta shingou ki
突然闖入的是變作紅色的紅綠燈

バッと通ったトラックが君を轢きずって鳴き叫ぶ
bat to toot ta torakku ga kimi o hiki zut te naki sakebu
飛快駛過的卡車壓過你拖行著發出叫喊
血飛沫の色、君の香りと混ざり合ってむせ返った
chi shibuki no iro,kimi no kaori to mazari at te musekaet ta
飛散血沫的顏色,和你的香氣混合嗆鼻
嘘みたいな 陽炎が「嘘じゃないぞ」って 嗤ってる
uso mitai na kagerou ga「uso ja nai zo」tte wara tteru
像是虛假般的陽炎嘲笑說「這可不是假的」
夏の水色、かき回すような蝉の 音に全て 眩んだ
natsu no mizuiro,kakimawasu you na semi no ne ni subete kuran da
夏天的淺藍,攪和般的蟬鳴讓人頭暈目眩

目を覚ました時計の針が鳴り響くベッドで
me o samashi ta tokei no hari ga narihibiku beddo de
在時鐘指針作響的床上醒來
今は何時?
ima ha nan ji?
現在是幾點?

8月14日の午前12時過ぎ位を指す
hachi gatsu juu-yokka no gozen juu-ni ji-sugi kurai wo sasu
指針指著8月14日的中午12點多
やけに 煩い蝉の声覚えていた
yakeni uru sa i semi no koe oboe te i ta
吵雜的蟬鳴聲擾人

でもさぁ、少し不思議だな。
demo saa,sukoshi fushigi da na.
不過啊,有點不可思議耶。
同じ公園で昨日見た夢を思い出した
onaji kouen de kinou mi ta yume o omoidashi ta
在同樣的公園裡回想起昨天做的夢
「もう今日は帰ろうか」道に抜けた時
「mou kyou ha kaero u ka」michi ni nuke ta toki
說著「今天該回家了」而踏上道路時
周りの人は皆上を見上げ口を開けていた
mawari no hito ha mina jou o miage guchi o ake te i ta
周圍的人全都張著嘴抬頭仰望

落下してきた鉄柱が君を貫いて突き刺さる
rakka shi te ki ta tecchuu ga kimi o tsuranui te tsukisasaru
落下的鐵柱狠狠貫穿了你釘入地面
劈 (つんざ)く悲鳴と風鈴の音が木々の隙間で空廻り
tsun za ku himei to fuurin no oto ga kigi no sukima de sora mawari
炸開來的慘叫及風鈴的聲響在樹木間空轉
ワザとらしい陽炎が「夢じゃないぞ」って嗤ってる
waza to rashii kagerou ga「yume ja nai zo」tte waratteru
像是蓄意般的陽炎嘲笑說「這可不是做夢」
眩む視界に君の横顔、笑っているような気がした
kuramu shikai ni kimi no yokogao,warat te iru you na ki ga shi ta
暈眩的視野中你的側臉,彷彿露出了笑容

何度世界が眩んでも陽炎が嗤って奪い去る。
nan do sekai ga kuran de mo kagerou ga waratte ubai saru.
無論世界暈眩了多少次陽炎都會笑著奪去。
繰り返して何十年。もうとっくに気が付いていたろ。
kurikaeshi te nan juu nen.mou tokkuni ki ga tsui te i taro.
不斷重複了幾十年。早就已經發現了對吧。

こんなよくある話なら結末はきっと1つだけ。
konna yokuaru hanashi nara ketsumatsu wa kitto hitotsu dake.
如果是如此陳腐的故事那結局注定只有一種。
繰り返した夏の日の向こう。
kurikaeshi ta natsu no hi no mukou.
不斷重複的夏日那天的前頭。

バッと押しのけ飛び込んだ、瞬間トラックにぶち当たる
bat to oshinoke tobikon da,shunkan torakku ni buchi ataru
飛快撞入把你推開,那一瞬間撞上了卡車
血飛沫の色、君の瞳と軋む体に乱反射して
chi shibuki no iro,kimi no hitomi to kishimu karada ni ranhansha shi te
飛散血沫的顏色,在你的雙眼及作響的身體中漫射
文句ありげな陽炎に「ざまぁみろよ」って笑ったら
monku ari ge na kagerou ni「zamaamiroyo」tte warat tara
對著似乎有所不滿的陽炎笑說「你活該」後

実によく在る夏の日のこと。
jitsuni yoku aru natsu no hi no koto.
真的很陳腐的夏日所發生的事。
そんな何かがここで終わった。
sonna nani ka ga koko de owat ta.
那種莫名的玩意在這兒結束了。

目を覚ました8月14日のベッドの上
me o samashita hachi gatsu juu-yokka no beddo no ue
在8月14日的床上醒來
少女はただ
shoujo ha tada
少女只是
「またダメだったよ」と一人猫を抱きかかえてた
「mata dame dat ta yo」to hitori neko o idaki kakae te ta
獨自抱著貓咪說「這次又失敗了」


陽炎:強烈日光照射地面所產生的不規則上升熱氣流跟密度不同的空氣做朋友而造成通過的光線產生不規則曲折的現象。



現在聽到這首我想到的只有阿蘇...............

0 意見:

張貼留言