31.8.12

第4話 『 ヘッドフォンアクター 』目を疑う話





作詞:じん(自然の敵P)
作曲:じん(自然の敵P)
編曲:じん(自然の敵P)
歌:IA

翻譯:MIU


その日は随分と平凡で
sono hi ha zuibun to heibon de
那天是十分平凡
当たり障り無い一日だった
atarisawari nai ichi nichi dat ta
無縛無脫的一天
暇つぶしに聞いてたラジオから
himatsubushi ni kii te ta rajio kara
直到從為了打發時間聽的廣播中
あの話が流れ出すまでは
ano hanashi ga nagaredasu made ha
傳出了那一件事為止

「非常に残念なことですが、
「hijou ni zannen na koto desu ga,
非常遺憾的是
本日地球は終わります」と
honjitsu chikyuu ha owari masu」to
地球到今天就要完結了
どこかの国の大統領が
doko ka no kuni no daitouryou ga
直到那哪一國的大統領
泣きながら話をするまでは。
naki nagara hanashi o suru made ha.
哭著這麼說的時候

窓の外は大きな鳥たちが空覆い尽くしてく渋滞中
mado no soto ha ookina tori tachi ga sora ooi tsukushi te ku juutai chuu
窗外大大的鳥兒們 遮擋住天空停滯不前
三日月を飲み込んでどこかへと向かってる
mikaduki o nomikon de doko ka he to mukat teru
吞下了那彎月牙 向著何處去了
やりかけてたゲームはノーセーブ
yari kake te ta gemu ha no sebu
玩著的遊戲還未存檔
机にほぼ手つかず参考書
tsukue ni hobo tetsukazu sankou sho
桌上還沒怎麼沾手的參考書
震える身体をいなす様にすぐにヘッドフォンをした
furueru shintai o inasu you ni sugu ni heddo fon o shi ta
像是要逃避顫抖的身體般 立刻戴上了耳機

不明なアーティスト項目の
fumei na ātisuto koumoku no
不明藝術家的條目中
タイトル不明のナンバーが
taitoru fumei no nanbā ga
標題不明的曲目
途端に耳元流れ出した
totan ni mimimoto nagaredashi ta
一開始就流入了耳邊
「生き残りたいでしょう?」
「ikinokori tai deshou?」
「還想活下去吧?」

蠢きだす世界会場を
ugomeki dasu sekai kaijou o
將蠢蠢欲動的世界會場
波打つように揺れる摩天楼
namiutsu you ni yureru matenrou
如波浪起伏般搖動著的摩天樓
紛れもないこの声はどう聞いても
magire mo nai kono koe ha dou kii te mo
毫無疑問這聲音怎麼聽
聞き飽きた自分の声だ
kiki aki ta jibun no koe da
都是早已聽慣的自己的聲音

「あの丘を越えたら20秒で
「ano oka o koe tara nijuu byou de
「越過那個小丘的話20秒內
その意味を嫌でも知ることになるよ。
sono imi o iya demo shiru koto ni naru yo.
就一定會明白其中奧妙了哦
疑わないで、耳を澄ませたら20秒先へ」
utagawa nai de,mimi o suma se tara nijuu byou saki he」
不要懷疑認真聆聽吧 向著20秒後」


交差点は当然大渋滞
kousaten ha touzen dai juutai
交叉口是理所當然的大擁堵
もう老若男女は関係ない
mou rounyakunannyo ha kankei nai
已經無關於男女老少
怒号やら赤ん坊の泣き声で埋まっていく
dogou yara akanbou no nakigoe de umat te iku
在一片怒吼和嬰兒的哭泣聲中 漸漸埋沒

暴れだす人  泣き出す少女
abaredasu hito naki dasu shoujo
鬧事的人們 哭泣的少女
祈りだした神父を追い抜いて
inori dashi ta shinpu o oinui te
超過了祈禱的神父
ただ一人目指すのは逆方向
tada hitori mezasu no ha gyaku houkou
只有一人是以反方向為目標
あの丘の向こうへと
ano oka no mukou he to
向著那個小丘前進

ヘッドフォンから依然声がして
heddo fon kara izen koe ga shi te
耳機中依然聽見那聲音
「あと12分だよ」と告げる
「ato juuni fun da yo」to tsugeru
說著「還有12分鐘哦」
このまま全て消え去ってしまうならもう術は無いだろう
kono mama subete kiesat te shimau nara mou sube ha nai daro u
如果就這樣一切落空的話 那已經毫無辦法了吧


ざわめき出す悲鳴合唱を
zawameki dasu himei gasshou o
將那人聲嘈雜的悲鳴合唱
涙目になってかすめる10秒
namida me ni nat te kasumeru juu byou
掠過變為潸然淚下的10秒

疑いたいけど誰がどうやっても
utagai tai kedo dare ga dou yat te mo
雖然有些令人質疑但誰都
終わらない人類賛歌
owara nai jinrui sanka
終止不了的人類讚歌

「駆け抜けろ,もう残り1分だ。」
「kakenukero,mou nokori i(chi) fun da.」
「快跑過去,還剩下1分鐘了」
その言葉ももう聞こえない位に
sono kotoba mo mou kikoe nai kurai ni
已經快要聽不見那句話

ただ目指していた丘の向こうは
tada mezashi te i ta oka no mukou ha
但是目標的小丘的對面
すぐ目の前に
sugu me no mae ni
已經近在眼前

息も絶え絶えたどり着いたんだ
iki mo taedae tadoritsui ta n da
奄奄一息終於抵達了
空を映し出す壁の前に
sora o utsushidasu kabe no mae ni
在映出天空的牆壁前
その向こう白衣の科学者たちは
sono mukou hakui no kagaku sha tachi ha
在其對側的白衣科學家們
「素晴らしい」と手を打った
「subarashii」to te o ut ta
說著「太棒了」拍著手

疑うよ。
utagau yo.
令人疑惑啊

そこから見る街の風景は
soko kara miru machi no fuukei ha
從那兒看見的街上的風景
まるで実験施設の様でさ
marude jikken shisetsu no you de sa
就好像是實驗設施一般啊

「もう不必要だ。」
「mou fu hitsuyou da.」
「已經沒必要了」
科学者は片手間に爆弾を投げた
kagaku sha ha katatema ni bakudan o nage ta
科學家抽空投著炸彈

箱の中の小さな世界で
hako no naka no chiisana sekai de
雖然在箱中的小小世界裏
今までずっと生きてきたんだなと
ima made zutto iki te ki ta n da na to
一直活到了現在

燃え尽きていく街だったモノを
moetsuki te iku machi dat ta mono o
對這燃燒殆盡的街道
ただ、呆然と見る耳元で ヘッドフォンの向こうから
tada,bouzento miru mimimoto de heddo fon no mukou kara
也只是目瞪口呆 在耳邊 從耳機的一側
「ごめんね」と声がした
「gomen ne」to koe ga shi ta
傳來「抱歉呢」一句話

0 意見:

張貼留言